本文へスキップ

ICCO資格制度ICCO QUALIFICATION

ICCO文化交流創成コーディネーター/Intercultural Coordinator
(通称:インターカルチュラル・コーディネーター)資格認定制度について

 ICCO(インターカルチュラル・コーディネーター)は、新たな時代や社会づくりに向けて、人と人、人とモノ、コトとコト、モノとモノ、地域と地域、地域と世界など、文化と文化の<あいだ>につながりをつける力を備えた人材です。
 これからの時代が求める人材像は、特定の文化の枠組みの中で自分は何者かと考える人から、枠組みを超えて行動する人へ。日本国際文化学会は、様々な場で新たな文化の交流や創成に携わろうとする人を、インターカルチュラル・コーディネーターとして認定します。

ICCO告知チラシ(PDF)

「文化交流創成コーディネーター資格認定制度発足趣意書」(PDF)
「文化交流創成コーディネーター資格認定制度規程」(PDF)

ICCO文化交流創成コーディネーター各種手続き等

【2018年度版 大学からの申請】

1.申請手続き
国際文化学関連学部・学科・コース・系等の単位で、カリキュラムの枠組みの認定をします。
(大学から上記組織単位で申請してください)

・申請期限:2018年 1月31日(水)必着 (2018年度)
 ※ご都合で早めに資料提出をご希望される場合は、資料送付先にご一報・ご相談ください。

・送 付 先:〒430-8533 静岡県浜松市中区中央2-1-1
       静岡文化芸術大学文化政策学部  馬場 孝 宛
       (TEL:053-457-6151)(Email:baba@suac.ac.jp)

・送付資料:「申請書(1部)」とあわせて、「科目一覧のわかる資料(5部)」「シラバス(5部)」を送付願います。
なお、申請書のみ、馬場宛にデータ送付もあわせてお願いいします。

・結  果:2月中(2018年2月10日(土)予定)に「教育プログラム参加認定委員会」を開催し、結果をお知らせいたします。
その後、正式には常任理事会への報告と承認を経て、概ね4月初旬をめどに、学会会長より「代表者」宛に文書で参加認定の正式通知をいたします。
しかし、それぞれの大学で新年度ガイダンス等での学生への周知や説明の準備もあろうかと思われますので、正式通知に先立ち、結果の内々の連絡を、参加認定委員長より各大学の「担当責任者」宛に、概ね2月末までにメールでお伝えいたします。
なお、委員会開催後に、申請内容について部分修正のご提案、資料の追加提出、ご相談等ののちに、認可という対応も手順として準備しております。
委員会はメール審議とする年もあり、その場合には、連絡、回答等の時期に多少の遅れが生じることもあります。

2.関連書類
「文化交流創成コーディネーター教育プログラム参加申請書」(大学用)(WORD)
大学のための申請の手引き(Q&A)(PDF)

【2017年度版 学生からの申請】

1.申請手続き
資格認定には、上記1で認定された学部・学科・系・コース等に所属する学生が個人で申請します。

・申請期間:2018年 3月 1日(木)〜2018年 3月31日(土)必着 (2017年度)
・送 付 先:〒150-8566 東京都渋谷区渋谷4-4-25
       青山学院大学総合文化政策学部  岡 眞理子 
       (TEL:03-3409-6342)
・送付資料:「学生申請書」には、2月に「教育プログラム参加認定委員会」が認定した各大学の
      「登録科目一覧」を添付してください。

2.関連書類
参加認定大学は次の通りです(申請順)。
※各大学の登録科目一覧は、研究科専攻・学部学科のリンク(PDF)を参照してください。
 :青山学院大学  (総合文化政策学部 (旧カリ)・(平成27-28年度入学)・(平成29年度入学-))
  静岡文化芸術大学  (文化政策学部国際文化学科 (平成21-26年度入学)・(平成27年度入学-))
  新潟県立大学 (国際地域学部国際地域学科 (平成21-24年度入学)・(平成25-26年度入学)・(平成29年度入学-))
  文教大学 (国際学部)・(国際学研究科国際学専攻
  桃山学院大学 (国際教養学部国際教養学科(英語・国際文化学科)
  山口県立大学 (国際文化学部国際文化学研究科
  龍谷大学 (国際学部国際文化学科(国際文化学部国際文化学科)
  多摩大学 (グローバルスタディーズ学部グローバルスタディーズ学科
  宮ア公立大学 (人文学部国際文化学科 (平成15-25年度入学)・(平成26-28年度入学)・(平成29年度入学-))
  名桜大学 (国際学群国際文化専攻
  早稲田大学 (文化構想学部 多元文化論系 (平成29年度開講科目))
  甲南女子大学 ( 文学部 多文化コミュニケーション学科)

「文化交流創成コーディネーター資格認定制度(資格認定申請書)」(学生用)(WORD)
「文化交流創成コーディネーター資格認定制度(学習活動報告書)」(学生用)(WORD)
「文化交流創成コーディネーター資格認定制度 資格認定申請のための手引き」(PDF)

【短期集中セミナーへの申込】

1.概要
文化交流創成コーディネーター(ICCO)の短期集中セミナーを実施します。

【2018年度短期集中セミナー】

文化交流創成コーディネーター(ICCO) 2018年度短期集中セミナーの詳細について。
 ・応募締切:2018年5月31日(木)(必着)
 ・セミナー内容:沖縄で企画・調査のグループワーク、地域社会と連携したワークショップの実施
 ・開催時期:2018年8月26日(日)〜2018年9月2日(日)
 ・場所:沖縄県那覇市・名護市

※2018年度申請概要等チラシ:セミナー申請概要チラシ(PDF版)

※過去の短期集中セミナーテーマ:過去の短期集中セミナーテーマ(PDF版)

※インターカルチュラル2017(第16号)のICCO(文化交流創生コーディネーター)特集記事:ICCO特集記事

2.関連書類
参加認定大学の登録科目一覧は【申請書等】「2.学生からの申請」でご確認ください。
「短期集中セミナー 参加申請書」(WORD版)
「短期集中セミナー 修了報告書」(WORD版)
「文化交流創成コーディネーター資格認定制度 短期集中セミナー参加のための手引き」(PDF版)

【2017年度短期集中セミナー】(※終了しました)

文化交流創成コーディネーター(ICCO) 2017年度短期集中セミナーは以下のとおり実施しました。

 ・応募締切:2017年5月15日(月)(必着)
 ・セミナー内容:沖縄で企画・調査のグループワーク、地域社会と連携したワークショップの実施
 ・開催時期:2017年8月20日(日)〜2017年8月27日(日)
 ・場所:沖縄県那覇市・名護市

※2017年度申請概要等チラシ:セミナー申請概要チラシ(PDF版)

※2016年度短期集中セミナー報告:報告リンク(龍谷大学HP)

ICCO文化交流創成コーディネーター資格認定者

【第1回文化交流創成コーディネーター資格認定者(アイウエオ順)】

2015年7月5日開催の第14回日本国際文化学会の総会において、以下の5名に資格認定を行ったことを報告しました。
 ・荒 木 麻 耶(山口県立大学)
 ・島 田 果 奈(青山学院大学)
 ・館 野 帆乃花(青山学院大学) 最優秀者:第14回日本国際文化学会フォーラムにおいて発表
 ・田 中 千 秋(山口県立大学)
 ・平 櫛 祐佳梨(山口県立大学)

【第2回文化交流創成コーディネーター資格認定者(アイウエオ順)】

2016年7月15日開催の第15回日本国際文化学会の総会において、以下の7名に資格認定を行ったことを報告しました。
 ・河 原 明日香(佐賀大学)
 ・佐 藤 伸太郎(青山学院大学)
 ・島 田 梨 乃(佐賀大学)     ベスト・プレゼン賞
 ・鈴 木 真 蒔(文教大学)     
 ・関 塚 愛 結(新潟県立大学)   ベスト・プレゼン賞
 ・中 島 智 子(佐賀大学)
 ・渡 部 清 花(静岡文化芸術大学) 奨励賞

【第3回文化交流創成コーディネーター資格認定者(アイウエオ順)】

2017年7月9日開催の第16回日本国際文化学会の総会において、以下の7名に資格認定を行ったことを報告しました。
 ・植 木 智恵子(山口県立大学国際文化学部国際文化学科)
 ・大 谷 美 里(桃山学院大学国際教養学部国際教養学科 卒業)ベスト・プレゼン賞:総会後発表
 ・河 島  舞 (山口県立大学国際文化学部文化創造学科)
 ・坂 井 瞳 子(新潟県立大学国際地域学部国際地域学科)
 ・新 造 里奈子(山口県立大学国際文化学部文化創造学科)
 ・中 川 紗 英(山口県立大学国際文化学部国際文化学科)
 ・渡 邊 七 海(新潟県立大学国際地域学部国際地域学科)

また、以下の2名は大谷さんとともにテーマ「Muslim Welcome-ムスリム観光客の課題と現状」の発表を行いました。
 ・桑 野  響 (静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科) ベスト・プレゼン賞:総会後発表
 ・藤 井 郁 成(山口県立大学国際文化学部国際文化学科)   ベスト・プレゼン賞:総会後発表

【第4回文化交流創成コーディネーター資格認定者(アイウエオ順)】

2018年7月8日開催の第17回日本国際文化学会の総会において、以下の15名に資格認定を行ったことを報告しました。
 ・荒 井  駿 (宮崎公立大学人文学部国際文化学科)
 ・ 泉  悠里香(宮崎公立大学人文学部国際文化学科)
 ・伊 藤 俊 弥(名桜大学国際学群国際文化専攻)
 ・河 辺 芙由子(文教大学国際学部国際理解学科)
 ・小 山 優 子(文教大学大学院国際学研究科国際学専攻)
 ・佐 藤 あゆみ(青山学院大学総合文化政策学部)
 ・ 椎  智菜美(宮崎公立大学人文学部国際文化学科)
 ・鈴 木 えりか(青山学院大学総合文化政策学部)
 ・田 窪 満里奈(山口県立大学国際文化学部文化創造学科)
 ・ 英  あきか(宮崎公立大学人文学部国際文化学科)
 ・馬 場 祐 作(名桜大学国際学群国際文化専攻)
 ・藤 田 早恵佳(静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科)
 ・宮 本 佳 奈(新潟県立大学国際地域学部国際地域学科)
 ・元 村 美 穂(宮崎公立大学人文学部国際文化学科)
 ・甲 斐 少夜子(山口県立大学大学院国際文化学研究科国際文化学専攻)

また、以下の3名はベスト・プレゼン賞として、テーマ「かりゆしちゃんぷる」の発表を行いました。
 ・小 嶋 志 和(青山学院大学総合文化政策学部) ベスト・プレゼン賞:総会後発表
 ・知 念 佳 奈(名桜大学国際学群国際文化専攻) ベスト・プレゼン賞:総会後発表
 ・三ヶ尻 奈 由(青山学院大学総合文化政策学部) ベスト・プレゼン賞:総会後発表

バナースペース